理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

イギリス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 2014/07/18(金) 22:57:41.55 ID:???.net
英ロンドン郊外で開催中のファーンボロー国際航空ショーに出展され、話題を呼んでいる黒い物質。
英企業が開発した「世界で最も黒い物質」はまるでブラックホールのように光を吸い込み、それで覆われた物体の形状を人間の目で見分けることはできない。

「ベンタブラック」と名付けられたこの物質は光の99.96%を吸収する。
黒い塗料などの通常の黒色では吸収率が95~98%。開発元のサリー・ナノシステムズ社によれば、英国立物理学研究所や米国立標準技術研究所で試験されたなかで最も黒い物質だという。

ベンタブラックはカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)からできており、アルミホイル上で生成される。
ホイルだけのときは目に付く表面のしわも、ベンタブラックに覆われるとまるで消えてしまったかのように識別できなくなる。

続きはソースで

「世界一黒い物質」で覆われたアルミホイル。表面には凹凸があるが見ても分からない
http://www.cnn.co.jp/storage/2014/07/18/fbcef8b63fdc1e41fc970507199aa5ee/real-black-matter-cnn3.jpg
裏返すとアルミホイルの凹凸がよくわかる
http://www.cnn.co.jp/storage/2014/07/18/380e8f8de185af547a3b2f459875298f/real-black-matter-cnn1.jpg

(CNN) 2014.07.18 Fri posted at 18:48 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/35051098.html

引用元: 【ナノテク】「世界一黒い物質」、英企業が開発

【イギリス】「世界一黒い物質」を開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 14:02:57.75 ID:???0.net
エイリアン調査団体が行ったダウジングによって、ある英国人男性が、地球人に紛れたエイリアンだったことが分かったそうです。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じました。

エイリアンと認定されたのは、乗馬厩舎を管理する33歳の男性アダム・チャタートン氏。
一見して普通の英国人ですが、ダウジングによって異世界生まれである痕跡が見つかったということです。
チャタートン氏自身は、この結果にあまり驚いていないようで、「ときどき自分でもそんな気がしていた」
と話しています。

この調査団体は、金属製のダウジング・ロッドを使う方法で、ヨーロッパ各地を調べてまわり、エイリアンの死体が埋まっている場所や宇宙船の着陸地点などを特定しています。
平行なダウジング・ロッドが動いて交差するポイントで、地球外生命体の痕跡であるイリジウムなどの元素の存在を検出するそうです。イリジウムは地球上に存在する希少元素ですが、隕石中でもよく見つかります。

今回のテストは、英国のエイリアン誘拐被害者支援団体「アブダクティ、コンタクティのための相談ダイヤル」(AMMACH)の創設者ジョアン・サマースケールズ氏らが企画しました。

続きはソースで

ダウジングによって被験者のズボンからエイリアンの痕跡を発見(写真:Matthew Dalton/WSJ)
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/06/P1-BQ565_ALIEN_G_20140626200216.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1257
~~引用ここまで~~


引用元: 【英国】地球人に紛れたエイリアンをダウジングで発見(画像あり)

【英国】ダウジングで地球人に紛れたエイリアンを発見!?(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/05/11(日) 16:47:41.15 ID:???0.net
「人工知能は人類史最悪の脅威」―ホーキング博士
http://news.livedoor.com/article/detail/8819045/

イギリスのノーベル賞授賞物理学者、スティーブン・ホーキング博士が英インデペンデント紙に語ったところによると、人工知能は病気や戦争、貧困の根絶に貢献する可能性がありながらも、人類史上最悪の脅威になりうるとのこと。

人間の役に立つと見せかけた人工知能や自動運転の乗り物たちが、いつか人類の終わりを招くかもしれないと述べ、ロボットの開発に警鐘を鳴らしています!

博士は、アップルの「Siri」やグーグルの「Google Now」、マイクロソフトの「Cortana」などといったデジタルアシスタントの開発競争は、数十年後にやってくる時代に比べれば取るに足りないものだとしています。

続きはソースで

引用元: 【海外】ホーキング博士「人工知能は人類史最悪の脅威、終わりを招くかも知れない」

ホーキング博士「人工知能は人類史最悪の脅威、終わりを招くかも知れない」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/16(水)23:16:14 ID:2JzKGNpqg
16歳の少女がiPhone で撮影した動画が、今海外で大きな反響を巻き起こしている。映っているのは、空に浮かぶ黒いリング。見るからに不思議な物体である。

その時の状況は、YouTube の動画で確認できるのだが、映像を見た人たちの間では、「これは煙か?」「昆虫だろう?」「リアル『X-ファイル』だ!」など様々な憶測を呼んでいるのだ。

・16歳の少女が夕方に撮影
空に浮かぶ謎の物体が目撃されたのは、イギリス・ウォリックシャー州。金曜日の夕方、ジョージナ・ヒープさん(16)が、母親とテニスをしていたところ、空に浮かぶ黒い物体を発見。彼女は持っていたiPhone で撮影したのだ。

その物体を「今まで見た中で最も奇妙なものだった」と言う彼女は、目撃した時をこう証言している

「空を見上げると、“あれは何” と思ったわ。すごく驚いた。それはちょうど雲のようにプカプカ浮かんでいて、やがて消えたの。鳥ではなかったわね。私たち10人ほどが思わず立ちすくんでしまって、その物体を見ていたの」。

不思議な浮遊物は、3分後に完全に消えたらしいのだが、彼女が撮影した映像は世界中から注目されることになったのだ。

・火事や気象現象とは考えにくい
ちなみに、地元の消防署によると、謎の物体が発見された時刻に付近で火事などは発生していないらしい。また、イギリス気象庁によると、気象的な関連要因でこのような現象が現れることはないとのこと。つまり、火事の煙や気象現象の1種とは考えにくい。では、一体何なんだ?

〈以下略〉

画像、全文はソースで
http://rocketnews24.com/2014/04/16/433163/

空に浮かぶ「ミステリー・ブラック・サークル」が話題の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: こたつねこ◆AtPO2jsfUI 2014/04/13(日)20:10:53 ID:ZkQDkCb11
ランカスター大学で、生物学由来の絶対破れない暗号化方式が誕生

英国ランカスター大学の科学者たちが、機密情報を暗号化する革新的な方式を開発した。

人間の心臓と肺が相互に情報を渡してそのリズムを調整するという生物学の発見に触発されたというこの方式は、米国物理学会ジャーナル『Physical Review X』に掲載され、また、「動的システムカップリングを使うデータの暗号化」(Encoding Data Using DynamicSystem Coupling)として特許出願された。

(中略)

McClintock 教授によると、「これはほとんど破られることのない暗号化スキームで、インターネット上の犯罪者や公式の盗聴者には歓迎されないもの」だそうである。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://internetcom.jp/webtech/20140411/4.html

インターネットコム 2014年4月11日 / 15:20

ランカスター大学で、生物学由来の絶対破れない暗号化方式が誕生の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: もわん◆2R.j9FMXMSiE 2014/04/01(火)10:00:35 ID:Zv3WC1EQo
「地下トンネルが農場に。ロンドンの巨大シティファーム計画」
2014.3.31 14:00 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/140331/wir14033112380000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/140331/wir14033112380000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/140331/wir14033112380000-n3.htm
>第二次世界大戦時に防空壕として使用されていたロンドンの地下トンネルを、LED照明を使う水耕農場に変えようとしている新興企業を紹介。

ロンドンの地下で野菜を作る。水の使用量が節約できる、ロンドン近くは地価が高く、おいしいが日持ちしない野菜が作れなかったがこれで解決する、温室で栽培するより、地下の方が保温性が高い。
日照時間が長く、水も豊富な日本でそのまま採用はできないが、なかなか着眼点が面白いニュース。
動画付き。
ロンドン地下でLED照明による美味しい野菜の生産の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ