理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

事業者

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
火星のクレーター命名権を販売、国際天文学連合が抗議
【引用元:2014年03月12日 16:35 発信地:パリ/フランス AFP BB News】


0: 理系ニュース∞0000/0/0(水) 00:00:00.00 ID:rikeinews

まぁなんというかいい商売ですよね。

似たような話で月の土地の販売をしている所もありますが、これもロマンを売っているだけで国際的にはその土地に対する権利など何もないはず。

火星のこれに至ってはクレーターそのものに対する権利はなく「命名権」だけですからね。
しかも国際的に認められないんじゃ誰も買わないかと・・・

収益は研究者等への助成金にすると言ってますが、それなら最初から国際天文学連合とタッグを組んで販売すればいいのではないでしょうか。

何も知らない人に「火星のこのクレーターは俺が名前を付けたんたぜ!」という自慢ぐらいには・・・ならないか。

【火星のクレーター命名権を販売、国際天文学連合が抗議】についての続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 伊勢うどんφ ★ 2014/01/08(水) 13:39:46.68 ID:???
 病気にかかる危険性や生まれつきの才能を判定する「遺伝子検査ビジネス」が急増していることから、経済産業省は優良事業者の認定制度作りに乗り出す。

 科学的根拠が疑問視される検査があるほか、検査を中国などの海外業者に委託するケースもあり、「究極の個人情報」が大量に海外流出する恐れが出ているためだ。
月内にも厚生労働省がオブザーバー参加する研究会を設立し、ルール作りを始める。

 遺伝子検査ビジネスには規制がなく、悪質な業者かどうか利用者が選別するのが難しい。
経産省は月内にも省内に専門家らによる研究会を作り、2014年度中に、サービスの指針を決める。
具体的には、判定の根拠に信頼性の高い論文を使うことを求めるほか、検査を委託する場合は相手先を開示させることが盛り込まれる見通し。
厚労省から、医療や科学に関する専門的な意見を採り入れ、ルールを作る。

 経産省は新たに作る指針を守っているかどうかを基準に、15年度にも第三者機関が信頼できる業者を認定する制度の導入を目指す。
利用者が判断しやすいように、優良な業者には認定マークを与えることなども検討する方向だ。
悪質な業者が横行するようなら、法律による罰則付きの規制も検討する考えだ。

images

(2014年1月8日 読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=90622

遺伝子ビジネス、認定制に…悪質検査に歯止め/経済産業省の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ