理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

宇宙船

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 14:02:57.75 ID:???0.net
エイリアン調査団体が行ったダウジングによって、ある英国人男性が、地球人に紛れたエイリアンだったことが分かったそうです。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じました。

エイリアンと認定されたのは、乗馬厩舎を管理する33歳の男性アダム・チャタートン氏。
一見して普通の英国人ですが、ダウジングによって異世界生まれである痕跡が見つかったということです。
チャタートン氏自身は、この結果にあまり驚いていないようで、「ときどき自分でもそんな気がしていた」
と話しています。

この調査団体は、金属製のダウジング・ロッドを使う方法で、ヨーロッパ各地を調べてまわり、エイリアンの死体が埋まっている場所や宇宙船の着陸地点などを特定しています。
平行なダウジング・ロッドが動いて交差するポイントで、地球外生命体の痕跡であるイリジウムなどの元素の存在を検出するそうです。イリジウムは地球上に存在する希少元素ですが、隕石中でもよく見つかります。

今回のテストは、英国のエイリアン誘拐被害者支援団体「アブダクティ、コンタクティのための相談ダイヤル」(AMMACH)の創設者ジョアン・サマースケールズ氏らが企画しました。

続きはソースで

ダウジングによって被験者のズボンからエイリアンの痕跡を発見(写真:Matthew Dalton/WSJ)
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/06/P1-BQ565_ALIEN_G_20140626200216.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1257
~~引用ここまで~~


引用元: 【英国】地球人に紛れたエイリアンをダウジングで発見(画像あり)

【英国】ダウジングで地球人に紛れたエイリアンを発見!?(画像あり)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/17(火) 13:57:09.65 ID:???0.net
太陽付近で正体不明の超巨大な円盤型の構造が観測されました。
異星人の宇宙船ではないかという意見もありますが、惑星ほどのサイズであるため、いくら何でも大きすぎるし、あり得ないだろうという見方が優勢のようです。

この異常な映像は、米航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)などが提供する太陽観測画像を集めたウェブサイト Helioviewer.org で見つかったもの。同サイトでは、様々な種類の波長で捉えた太陽の画像と動画が収集されています。

続きはソースで

http://youtu.be/dXmNvKNzLD8


http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/06/UFO_near_the_sun01.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/06/UFO_near_the_sun02.jpg
http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1202

★1の立った時間:2014/06/17(火) 11:30:42.18
前スレ http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1402972242/
~~引用ここまで~~


引用元: 【宇宙】太陽付近に超巨大な円盤型UFOが停泊か、惑星級の大きさ(映像あり)★2

【宇宙ヤバイ】太陽付近に惑星サイズの円盤型UFOが停泊?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/14(土) 12:13:38.48 ID:???.net
(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は、光速を超えて宇宙空間を移動する「ワープ航法」の性能をもった宇宙船の設計画像を公開した。

ワープ航法を実現する宇宙船の研究は、NASAの先端推進技術研究チームを率いる物理学者のハロルド・ホワイト氏が2010年から取り組んできた。

イメージ図は同氏の設計をもとに、アーティストのマーク・レドメーカー氏が制作した。
制作には1600時間以上を要したという。ホワイト氏はSF映画「スター・トレック」に登場する宇宙船にちなんで、この宇宙船を「IXSエンタープライズ」と命名。
同船の設計も、1965年に描かれたスター・トレックのスケッチを参考にしている。

続きはソースで

http://www.cnn.co.jp/storage/2014/06/13/ba885c5534ab16f9a734a14e4250c6b6/35049366_001.jpg
http://www.cnn.co.jp/fringe/35049367.html
~~引用ここまで~~


引用元: 【宇宙工学】NASA、ワープ航法を実現する宇宙船の設計画像を公開

NASA、ワープ航法を可能にする宇宙船を公開の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 13:19:29.38 ID:???0.net
次世代宇宙船、飛行へ準備 NASA、今年12月に
2014/06/11 10:03 【共同通信】

【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は10日、今年12月の無人試験飛行に向けて米フロリダ州のケネディ宇宙センターで準備中の次世代宇宙船「オリオン」の写真を公開した。

火星や小惑星への有人飛行を目指すオリオンは4人乗りのカプセル型宇宙船。

続きはソースで

ソース: 47NEWS http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061101001020.html

画像: http://img.47news.jp/PN/201406/PN2014061101001048.-.-.CI0003.jpg
 (今年12月に無人試験飛行に挑む次世代宇宙船「オリオン」。下部に大気圏突入時の高熱から保護する耐熱シールドが取り付けられた(NASA提供・共同))
~~引用ここまで~~


引用元: 【宇宙】次世代宇宙船「オリオン」、今年12月に無人試験飛行 - NASA [6/11]

【NASA】次世代宇宙船「オリオン」、今年12月無人試験飛行の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/03(火) 12:46:09.07 ID:???0.net
将来の火星探査で、有人宇宙船や探査機を軌道上から安全に着陸させるための減速装置「LDSD」の実験を、ハワイ沖上空で今週以降に実施すると、米航空宇宙局(NASA)が2日発表した。

直径約4.6メートルの「空飛ぶ円盤」のような形状。実験では、カウアイ島にある米海軍のミサイル施設から気球で上空に運ばれ、ロケット噴射で高度約55キロまで上昇。

円盤の上面を進行方向に向け、最大速度マッハ4で飛行した後、外周にあるエアクッションを膨らませ、空気抵抗を利用してマッハ2.5まで減速する。最後は大型パラシュートを開いて海に着水する計画だ。

続きはソースで

(共同)

http://sankei.jp.msn.com/images/news/140603/scn14060308530001-p1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140603/scn14060308530001-n1.htm
~~引用ここまで~~


引用元: 【宇宙】NASAがハワイ沖で「空飛ぶ円盤」実験、火星着陸を想定(画像あり)

【画像】NASAが「空飛ぶ円盤」を作ったぞ!!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 16:26:03.10 ID:???.net
1970年代に旧ソビエト連邦の宇宙飛行士3人を宇宙空間に送り出した宇宙船のカプセルが来月7日、ベルギーで競売に掛けられる。
ドイツの競売会社レンペルツ(Lempertz)が23日、発表した。

 旧ソ連の宇宙カプセルが競売に登場するのは欧州初で、予想落札価格は140万ユーロ(約1億9800万円)。

 レンペルツによると、「再突入カプセル(Vozvrashchayemyi Apparat、VA)」と呼ばれるこのカプセルは、旧ソ連と米国が宇宙開発競争にしのぎを削った冷戦時代に開発された。
高さ2.2メートル、直径2.8メートルで、重量は2トン近い。

 78年には無人ミッションにも使用され、その後は訓練用として使われた。
当初はある英国企業に払い下げられたが、この企業が売却を決定し、レンペルツに管理を委託したという。 (c)AFP

続きはソースで
http://www.afpbb.com/articles/-/3013581
~~引用ここまで~~


引用元: 【宇宙】旧ソ連の「再突入カプセル」と呼ばれる宇宙カプセルが競売に、予想落札額およそ2億円

旧ソ連の「再突入カプセル」と呼ばれる宇宙カプセルが競売に、予想落札額およそ2億円の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ