理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

戦闘機

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 09:06:28.50 ID:???.net
 NASAと産業界、学識者らによるパネルが算出した大まかな見積もりによると、宇宙飛行士を火星へ送るのにかかる費用は、F-35戦闘機の開発および飛行にかかる費用と比較するとほんのわずかで済むだろうという。
詳細は、4月22日からワシントンD.C.で開かれている「第2回火星有人探査会議(Humans to Mars conference)」で発表される。

 20年にわたる火星への有人探査計画は、莫大な費用がかかることに違いはないが、パネルの出した結論は、過 去に噂されていた1兆ドル(約102兆円)という予想よりははるかに低い数字だ。
それどころか、インフレ率を計 算に入れたとしても、現行のNASAの予算内で十分まかなえると見られる。加えて、諸外国からの支援も期待でき そうだ。

◆ 1兆ドルは都市伝説だった?

 専門家らによって構成されたパネルによると、火星への有人探査を目的とした20年計画にかかる費用の総額 は、800~1000億ドル(約8兆1600億~10兆2000億円)の間だろうという。
NASAは現在、年間40億ドルを探査プロ グラムに費やしており、その多くは、将来火星やその他深宇宙を目指す有人飛行を目的としたオリオン宇宙船や 新たなロケット開発に使われている。
また、低軌道の国際宇宙ステーションの管理維持にも、さらに40億ドル近 くを使っている。

 火星の有人探査に1兆ドルかかるとの噂は、10年前にいい加減な報告と不正確な計算から生まれたもので、そ れが何度も繰り返し伝えられて広まった都市伝説だと思われる。
一方、遅延など問題を抱えるF-35戦闘機プログ ラムは本当に1兆ドル以上かかってしまうかもしれないと、政府監査院は見積もっている。

 その巨額の火星探査伝説が生まれてから10年が経過した今では、技術が向上し、NASAと民間の宇宙関連企業が 低予算でロケットを開発、飛行させることが可能になってきたと、NASAの上級科学者であり、パネルの一員でも あるハーリー・スロンソン(Harley Thronson)氏は話す。また、少なくとも探査ミッションの初期段階では、火 星で計画していた様々な活動をいくつか削ることも視野に入れている。

「火星到達の暁にはやってみたいと思っていた活動全てを実行する必要はない。まずは火星へたどり着き、戻っ てくるというのが重要だ。基本的なことだけに集中すれば、予算を大きく抑えることができる」と、
スロンソン 氏は話す。それに、予算の一部を外国のパートナーや民間企業に負担してもらうという方法もある。これに対し て、アポロの月面着陸は全てアメリカの納税者によってまかなわれていた。

 このパネルメンバーで、エアロジェット・ロケットダイン(Aerojet Rocketdyne)社のジョー・カッサディー (Joe Cassady)氏も、火星探査がアポロ計画と同様である必要はないとしている。
火星計画は20年かそれ以上 という長い年月をかけて徐々に進められ、その間に技術は進歩するし、国際宇宙ステーションや他の宇宙ミッシ ョンの経験から学んで生かせることも多い。

続きはソースで
http://www.nationalgeographic.co.jp/smp/news/news_article.php?file_id=20140424002
~~引用ここまで~~


引用元: 【宇宙】火星旅行は意外とお値打ち?

火星旅行は意外とお値打ち?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/20(日)17:59:28 ID:X95s7WrJI
宮崎駿監督の最後の長編アニメ映画「風立ちぬ」、そして百田尚樹原作の「永遠の0(ゼロ)」の興行ヒットで、ゼロ戦(零式艦上戦闘機)への人々の関心や哀愁の念が高まっている。そんな中で、日本人の心をさらに引きつけそうな呼び名を持つ「平成のゼロ戦」が今年中に登場する。

将来の国産ステルス戦闘機の試作機となっている「先進技術実証機」(通称・心神=しんしん)が、年内に初飛行するのだ。小野寺五典防衛相が4月10日の参議院外交防衛委員会で、心神の今年中の初飛行を改めて明言した。

防衛省技術研究本部(技本)の関係者は「もともとゴールデンウィーク明けの5月にも心神をマスコミ陣にロールアウト(お披露目)する予定だったが、数カ月遅れている。初飛行は今年ぎりぎりになるかもしれない」と述べた。
ゼロの遺伝子を持つ「心神」

試作機とはいえ、事実上の「日の丸ステルス機」の第1号となるのが、心神である。技本は、1995年度から「実証エンジンの研究」を開始。2000年度からは機体のステルス性能試験やエンジン部分の推力偏向装置の開発を目的とする「高運動飛行制御システムの研究」も併せて実施した。そして、2009年度からは8カ年計画で「先進技術実証機」の予算項目の下、心神の機体製造や飛行試験など試作費用だけで392億円の予算を確保していた。

心神は現在、主契約企業の三菱重工業が、ゼロ戦を生んだ同社の名古屋航空宇宙システム製作所(旧・名古屋航空機製作所)の小牧南工場で、初飛行前の最後の大仕上げ作業が施されている。つまり、心神はゼロ戦と同様、名航で誕生するわけであり、その意味で「ゼロの遺伝子」を受け継いでいるといえる。今年後半の初飛行での成果を踏まえ、2016年度までに開発を終える予定だ。

そもそも「心神」という名称の由来は何なのかが気になるだろう。もともとは、技本の中の人間が愛称として使うようになって、それが定着したのだという。

近代日本画壇の巨匠である横山大観が、富士山を日本の「心神」と呼んでおり、富士山の絵を、多く描いたことで知られる。たとえば、1954(昭和29)年5月6日付の朝日新聞の記事の中で、横山は次のように富士山について述べている。「古い本に富士を『心神』とよんでいる。心神とは魂のことだが、私の富士観といったものも、つまりはこの言葉に言いつくされている。・・・(エベレスト)は世界最高の山だけに、さすがに壮大で立派だった。・・・素晴らしい壮大な山だとは思ったが、富士を仰ぐ時のような、なんというか清々とした感情はわかなかった。富士は、そういう意味でも、たしかに日本の魂だと、その時も思ったことだ」。

つまり、心神という名称には、「日本の魂」という思いが込められているようだ。
http://toyokeizai.net/mwimgs/e/2/570/img_e2ba74ce79a5e0c6db7b01490e0b03cf176517.jpg
http://toyokeizai.net/articles/-/35849?display=b

三菱重工業製作「平成のゼロ戦」の先進技術実証機(通称・心神)が、年内に初飛行の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆10.9/2taLY 2014/04/18(金)01:10:27 ID:k897WeNlf
航空自衛隊はF-2戦闘機の次世代戦闘機のプロトタイプ、最先端技術のデモンストレーター X (ATD X戦闘機)の2014年中の初飛行を国の計画としている、という事を日本の防衛大臣小野寺五典は明らかにしました。
「2 月に私はATD X が構築されている三菱重工業 (MHI) 小牧南工場場所に訪問した」
と小野寺防衛大臣は4 月 10 日の外交および防衛委員会の参議院で語った。
「そこで私は初飛行は今年行われるという説明を受けた」
ATD X、心神とも呼ばれ防衛省とプロジェクトの主要な業者の三菱重工業による技術的な研究と開発研究所 (本部) によって開発されています。
強化された機動性システムとステスル性を重視した戦闘機に設計されており。
防衛省は第 6 世代戦闘機の包括的な i3概念とカウンター ステルス機能という高度な技術とシステム統合研究に心神を作りました。
「元々三菱重工計画では最初の試験の飛行の後5月のゴールデンウィーク後直ぐにメディアの前で発表する予定でした」と 4 月 15 日にIHS本部で公式に語った。
「そして其の計画は今数ヶ月遅れています」
小野寺防衛大臣は技術の成果と費用対効果のパラメータに基づき、将来のステルス戦闘機FX-18を国内または国際共同開発にするか判断するとした。
しかし、F3であるADT xの開発も米国からの反対にあう可能性があります。
事実過去に独自戦闘機を開発する東京の試みを止められています。
1980 年代日本航空業界の成長がアメリカ合衆国の懸念から FSX 支援戦闘機プログラムはワシントンが東京に圧力をかけ止め、最終的にロッキード マーチン社のF-16C ベースにしF 2 の共同開発に最終的に導きました。

中国とロシアは成都 J 20、スホーイ PAK FA t-50 の第五世代の航空機をそれぞれ展開し、日本の高速ステルス戦闘機の開発は国の航空防衛に不可欠となっていると当局者は言った。
「28 レーダー サイトは、長い距離から第 3 と第 4 世代戦闘機を検出するのに効果的だが、第 5 世代戦闘機を発見する方法は無いと私たちは知っています」と中将英之吉岡が2011 年 11 月本部でIHSの空気システム開発のディレクターに語った。
2.7億円をかけて戦闘機のレーダー研究し、熱制御システムを検出することのできるFY14 で、ステルス航空機に追跡、応答します。
http://www.janes.com/article/36713/japan-s-indigenous-stealth-jet-prototype-to-fly-this-year

国産ステルス心神今年初飛行へ・・・の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 百鬼夜行◆kQXfW/B1FM 2014/04/12(土)17:39:03 ID:???
【4月11日 AFP】ハエは身の危険を感じたとき、まるで戦闘機のように体を左右に傾けてローリングしながら飛行するが、 この動きは文字通り「まばたきよりも速い」との研究論文が、10日の米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。

論文は、ハエが感覚の特殊な組み合わせを頼りにして、ハエたたきで打たれるのを回避する助けとしている可能性があると述べている。

米ワシントン大学(University of Washington)などの研究チームは、ハイスピードカメラ3台を用いて、
ハエが目前に迫る衝突をどのように回避するかを分析した。

ハエは通常、1秒間に約200回羽ばたきをしているが、危険が迫った場合は羽ばたき1回で方向転換し、飛び去ることができるという。

ワシントン大のマイケル・ディッキンソン(Michael Dickinson)教授(生物学)は「われわれは、ハエが100分の1秒足らずで進路を変えることを発見した。
これは、人間のまばたきの50倍の速さで、これまで考えられていたよりも高速だ」と話す。

同教授によると、ゴマの種ほどの大きさのカスリショウジョウバエ(学名:Drosophila hydei)は、捕食動物に囲まれた環境を生き抜く助けになる、超高速度で対応できる視覚系を持っているという。

ディッキンソン教授は「このハエの脳は、ごく短い時間で非常に高度な計算を実行し、危険因子の場所、最善の回避策を厳密に判別しており、側面、正面あるいは背面から差し迫る危機に対し、それぞれ異なった対応をすることができる」と説明する。

「脳が塩の粒ほどの大きさしかないハエは、ネズミなどの自分よりずっと体が大きい動物とほぼ同等の複雑な行動レパートリーを持っている」
(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3012340

ハエたたきから身をかわすハエの動きを解明、米研究の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: キャプテンシステムρφ ★ 2014/02/23(日) 22:12:24.26 ID:???0
中国の最新鋭のステルス戦闘機J-20の写真がインターネット上に公開されました。
北京の軍事専門家はライバルであるF-22より優れた対地攻撃能力を持つといいます。

2011号機とされるこの戦闘機はの写真を分析した結果、ノーズ下部に対地攻撃に有用な電子的ターゲッティングシステムを備えていることが分かりました。
F-22やF-35も同様の構造をしており、記事によるとJ-20は完璧な爆撃機であると述べています。

J-20は中国の北斗GPSシステムを利用した高精度な精密攻撃を行う事が出来ます。
また4発の空対空ミサイルを運ぶことができるほか、新しい直接攻撃弾等が開発されているとのことです。
J-20はF-22より多くのペイロードを持っており、24発の小型爆弾を搭載可能です。

image

http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20140223000011&cid=1101

中国のJ-20ステルス戦闘機はF-22より優れた対地攻撃能力を持つかもしれないの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 16文キック(大阪府) 2014/02/10(月) 13:18:56.90 ID:577y5K1Y0 BE:824266548-PLT(12231) ポイント特典
韓国政府、韓国型戦闘機開発事業日程を確定


韓国聯合ニュースによると、韓国政府は韓国型戦闘機KF-Xを開発する事業日程を確定し、4月に開発業者を入札で選出し、6月に優先交渉対象を決める。韓国防衛事業庁が9日に明らかにした。
中新網が伝えた。

 韓国政府と韓国軍は2022年に、Medium級戦闘機KF-Xを120機以上開発することを目指す。
Medium級戦闘機は、韓国の主力戦闘機KF-16と同じような機動性をもつが、それより優秀なレーダー、電子設備を搭載するという。

空軍の関係者は、作戦力を強め、作戦半径を拡大する目的で、双発機でなければならないと主張している。
防衛事業庁と韓国航空宇宙産業(KAI)、韓国国防研究院(KIDA)などは双発機を求めている。
政府当局者は、幅広く関係者の意見を聞いたうえで、単発機か双発機かを決めると表明した。

http://www.xinhuaxia.jp/1131335757
9

【日本終了のお知らせ】 韓国が純国産新型戦闘機に着手 F-16を凌駕する双発でF-15並の強さ 日本オワタwの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ