理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

無人機

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 名無しさん 2014/04/15(火)22:26:47 ID:sNdGr4abt
 国土地理院は14日、無人航空機を使って、小笠原諸島・西之島周辺の空中写真を自動撮影することに成功したと発表した。噴火で西之島とつながった新島は、標高が71メートルに成長したことが撮影データの解析で分かった。

 撮影に使ったのは民間企業が所有する無人機で、全長約2メートル。ガソリンエンジンで飛ぶ。約130キロ離れた同諸島・父島から3月22日に飛ばした。

GPS衛星で自分の位置を確認しながら、あらかじめプログラムされたコースを飛行。搭載したデジタルカメラで、島と周辺の海を含む約460枚の写真を撮影した。

 新島の噴火後、有人の航空機で行った測量によると、最も高い場所の標高は昨年12月に39メートル、今年2月には66メートルだった。

 飛田幹男・同院総括研究官は「火山の真上など、人が乗った飛行機では近づきにくい現場での測量に、今後も無人機を活用してゆきたい」と話している。(山本智之)


http://www.asahi.com/articles/ASG4G4S2ZG4GUJHB00W.html

【画像】
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140414003972_comm.jpg

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20140414003618_comm.jpg
小笠原の新島、標高71メートルに 無人機が撮影成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/19(水) 19:28:54.39 ID:???0
★富士重工業「アイサイト」と無人機開発の深い関係
2014.02.18

長年、外車を乗り続けてきた友人が最近、スバルの「レガシィ」を購入した。彼女いわく「いろいろ試したけど全ての要求を満たしてくれる」とのこと。性能重視の見解に、友人が真の車好きであることを改めて認識した次第。

その富士重工業、自動車販売では輸出が好調なこともあり、過去最高の売り上げを更新するなど、活気をみせている。
同社独自の安全技術である「アイサイト」の採用もこれを後押ししているようだ。

これは、前方の歩行者や障害物を感知し、自動的にブレーキがかかるシステムだ。また、前の車との距離を測り、間が詰まってくると運転手に警告したり、減速することができる。2008年の発売以来「アイサイト」という名称は、すっかりポピュラーになっている。

しかし、この機能が無人機の開発と深く関係していることを知る人は、あまりいないだろう。

「アイサイト」は、無人機の自動着陸に関する社内研究成果とルーツは同じであり、それを自動車部門が発展・応用させたものだという。

同社は、無人機開発の専門部署を置く国内唯一の企業なのである。

「パイロットが経験するあらゆる事態を想定することが肝なのです」

関係者は自信をのぞかせる。何と言っても戦前は『隼』を産んだ中島飛行機である。航空機を知り尽くした会社ならではの事業と言えるだろう。

しかし、当の無人機は険しい道を歩んでいる。

陸上自衛隊では、観測無人機FFOS(遠隔操縦観測システム)と、その後に開発された無人偵察機システムが配備されていて、昨年4月に石垣市の防災訓練で使用された際には市長が「非常に役立つと感じた」とコメントするなど高い評価を受けている。だが、後継機に着手するも、防衛省・自衛隊では偵察無人機の米国製導入を決めている。(以下略)

5

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140218/plt1402180726000-n1.htm

富士重工業「アイサイト」と無人機開発の深い関係の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ