理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

鑑定

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 00:41:28.07 ID:???0.net
薄毛父持つ毛髪フサフサ息子 DNA鑑定希望に母が絶対禁止命令
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140608-00000016-pseven-life

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。
今回は寄せられたのは、広告代理店勤務のご主人(45歳)。
奥様(48歳)との間には大学生と高校生の息子さんがいます。

 * * *
 40歳を過ぎてから年々、髪の毛が薄くなってきました。
心配で、シャンプーは毛が抜けないようにゆっくり丁寧にしますし、タオルで乾かす時も優しく拭くようになりました。
今年のゴールデンウィークは北海道に旅行。目的地は増毛(ましけ)町の増毛厳島神社です。
「カミさんが一緒なら、髪へのご利益も倍増するでしょ」と女房も同行しました。よくできた女房です。

 ところが最近、ちょっと不信感が……。
長男は僕に似ていて「ヤバイ! 遺伝的には僕、将来はお父さんみたいにハゲちゃうかも」。
心配して、それまでかけていたパーマもやめて必死に毛髪ケアです。

続きはソースで

※週刊ポスト2014年6月13日号
~~引用ここまで~~


引用元: 【国内】薄毛の父を持つ毛髪フサフサ息子 DNA鑑定希望に母「絶対鑑定させません!」と拒否

薄毛の父とフサフサ息子 母親がDNA鑑定を拒否の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★@\(^o^)/ 2014/04/25(金) 10:35:45.44 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
DNA鑑定で「血のつながりがない」と判明した父と子について、法律上の親子関係の取り消しを認めた裁判の判決が、最高裁で見直される公算が大きくなりました。

父と子の関係は、民法の規定で「結婚している妻が出産した子は夫の子と推定される」と定められています。大阪と北海道で起こされた2つ裁判は、ともにDNA鑑定で99.99%の確率で別の男性が父親であることが判明。母親が子どもの代理人となり、「父と子の親子関係がないことの確認」を求めていました。

*+*+ TBS News i +*+*
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2185033.html
~~引用ここまで~~


引用元: 【社会】DNA鑑定で父子関係取り消し、最高裁が見直しか

DNA鑑定で父子関係取り消し、最高裁が見直しかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革~ φ ★ 2014/02/05(水) 03:22:09.85 ID:???0
・親と子をつなぐものは過ごした時間の濃密さなのか、遺伝子なのか。近年増えている親子 DNA鑑定は、「そして親になれない」親たちの姿も映しだす。

 千葉県在住の会社員女性(30代後半)は昨年、既婚の交際相手との間に未熟児を出産した。
 「妻とは別居状態ですぐ別れる、結婚してほしい」という言葉を信じてつきあっていたが、 それは真っ赤な嘘。生まれた子どもに障害があると知ったとたん子どもの病院に来なくなり、 生活費も「障害者手当で賄えばいい」と言い振り込まなくなった。弁護士を立てて子どもの 認知を求めたら、彼の弁護士側からDNA鑑定を要求された。鑑定のため病院に来た彼は、子どもの顔すら見なかった。結局、親子関係は証明された。

 「私がつわりで苦しんでいる時に『堕胎したらいい、自分が離婚できるまで待ったほうがいい』と 言われたこともあった。結局子どもからも私からも逃げようとしかしていないんだなと、 悲しくなるより笑ってしまいましたね」

 離婚の増加に伴い、親権欲しさにDNA鑑定を行うことも今後増えるとみられるが、それでもDNA鑑定は開けてはいけない「パンドラの箱」だと関係者は口をそろえる。

 東京家族ラボ主宰の池内ひろ美さんは、こう話す。
 「法律婚関係にある夫婦の子どものDNA鑑定はお勧めしません。家族にとって一番大切なのは情緒的つながりであって、すべてを科学的に明らかにする必要はないと思います」

 夫の要望でDNA鑑定に踏み切った結果、血縁関係があるとわかったが、結果的に離婚に至った夫婦もいた。

9

 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140203-00000002-sasahi-soci&pos=1

池内ひろ美氏 「夫婦の子供のDNA鑑定、オススメしません。全てを科学的に明らかにする必要はない」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/02(日) 20:15:27.43 ID:???0
★大沢樹生だけじゃない、DNA検査で親子鑑定を依頼する父親、日本で急増中―華字メディア
配信日時:2014年2月2日 18時59分

2014年1月30日、大沢樹生・喜多嶋舞の息子が父親の実子であるかどうかをめぐって最近注目されているDNA検査で、親子鑑定を依頼する男性が日本で増えているという。日本華字メディア・日本新華僑報網が伝えた。

これまでの日本社会では、子供の認知を男性に求めるため、女性がDNA鑑定を依頼するケースがほとんどだったが、最近では女性の不倫が増えたことなどから、親子鑑定を求める男性が急増しているという。1998年からDNA鑑定を行っている民間企業・Solutionによると、毎月平均で60~80件の依頼があり、そのうち男性からの依頼はこれまで全体の1割程度だった。だが、3~4年前から男性からの依頼が3割に上昇。妻に内緒で鑑定を依頼する男性も、以前の2倍に増えている。

昨年4月からDNA検査による親子鑑定を行っているNPO法人遺伝子情報解析センターの代表理事・山田浩史氏は、「昨年12月に124件、今年1月は22日までにすでに160件の依頼があった」と話し、大沢報道の影響も認めている。依頼者の内訳は、母親側が4割で、父親側が4割。残りの2割は、父親側の祖父母だという。嫁の不貞を疑い、孫が自分たちと本当に血がつながっているのかを明らかにしたい祖父母からの依頼だ。

日本では需要の増大にともない、DNA鑑定が一般的なサービス業になりつつある。しかし、道徳的観念からいえば、DNA鑑定は「パンドラの箱」になりかねない。「家族のあり方で重要なのは血縁関係ではなく感情だ」と専門家は主張している。再婚や代理出産、里親など、家族形態が多様化している日本社会では、血縁関係は本当に重要なのだろうか。親子関係を決めるのは、DNAなのか、それとも個人の感情なのか、日本社会は難しい選択を迫られている。(翻訳・編集/本郷)

images

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=82721

大沢樹生だけじゃない、DNA検査で親子鑑定を依頼する父親、日本で急増中の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ