理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

防止

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 23:52:15.63 ID:???0.net
あなたは800ドルでハゲを治すヘルメットを手にすることが出来ます。

カリフォルニアの企業は発毛ヘルメットを開発しました。
このヘルメットはレーザーにより発毛と成長を促進することが出来るとの事です。

セラドームのヘルメットは世界初となる着用型レーザー治療器です。
レーザーは毛根を刺激し、成長促進と抜け毛を防止するのだそうです。
価格は795ドル(送料473ドル)で予約受付中との事。

世界では15億人の人がハゲています。
「このクールなヘルメットは着用者の頭皮にレーザーを発射し、毛根を刺激するのです!」
とメーカーは言います。

このヘルメットは18~16週間着用することにより毛根を活発化させるとのことで、
同社は「より太く、まとめやすい髪質になることをお約束します。」
「週2回、20分ずつの着用で頭皮が健康になり、血流が活発化し、阻害酵素の働きを弱めます。」
「そして100週後には髪は増えていることでしょう。」

発明したNASAの科学者であるタミム・ハーミッド氏は、
薬を使わずに抜け毛を防止する方法としてこのレーザー発毛法を発見したのだと言います。


http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/06/11/article-2655079-1EA9CEB900000578-426_634x342.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/06/11/article-2655079-1EA9CEAF00000578-905_634x570.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2014/06/11/article-0-1EA9CED500000578-607_634x417.jpg

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2655079/The-helmet-cure-BALDNESS-800-headgear-uses-lasers-scalp-stimulate-hair-growth-thickness.html
~~引用ここまで~~


引用元: 【医療】世界で15億人とされるハゲの人に朗報?レーザー刺激で発毛を促すヘルメットが登場[6/11]

【歓喜!】世界で15億人のハゲに朗報?レーザーで毛が生えるヘルメット!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/ 2014/06/04(水) 16:55:09.29 ID:???0.net
「抗酸化」ふんだん「若返り弁当」…学会が開発
2014年06月04日 16時17分

老化防止に役立つとされる野菜や魚などの食材を使い、カロリーや塩分にも配慮した
「アンチエイジング(若返り)弁当」を、日本抗加齢医学会(理事長=坪田一男・慶応大教授)が開発した。

大手コンビニなどと商品化して年内にも販売する予定で、6日から大阪市で始まる同学会総会で披露する。

老化に伴う肌のシミやしわは、体内の活性酸素が原因の一つとされ、活性酸素を分解する「抗酸化物質」として、赤ワインに含まれるポリフェノールや野菜に多いベータカロテンなどが近年注目を集めている。

栄養指導に詳しい医師、レストランシェフらが、こうした抗酸化物質を豊富に含むサケや雑穀米、ニンジン、トマト、サツマイモなどをふんだんに使用した弁当のレシピを半年がかりで作成した。

続きはソースで

ソース: 読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/science/20140604-OYT1T50100.html
画像: http://www.yomiuri.co.jp/photo/20140604/20140604-OYT1I50024-L.jpg
 (CM弁当メニュー0604夕社)
~~引用ここまで~~


引用元: 【科学】「抗酸化」ふんだん「若返り弁当」...日本抗加齢医学会が開発 [6/4]

「抗酸化」たっぷり?「若返り弁当」 開発!の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: ゆでたてのたまご ★@\(^o^)/ 2014/05/07(水) 13:56:07.03 ID:???0.net
食物アレルギー事故防げ 教職員向けに手引
県教委作成
2014年5月6日(火)

食物アレルギーのある児童生徒の増加を受け、県教委は学校でのアレルギーによる事故を防ごうと、緊急時の対応例などをまとめた教職員用の手引を作成した。アレルギーのある児童生徒の把握や、教職員間で役割分担の必要性などを指摘。症状が起きたら5分以内に判断し、急性症状を緩和する注射薬エピペンを教師が適切に使用するよう促している。

県教委によると、食物アレルギーがある児童生徒は年々増える傾向にあり、2012年度は給食を提供している小、中、定時制高、特別支援学校の児童生徒の1・3%に当たる計3217人と報告された。保健室利用状況調査によると、13年度は216人(0・07%)がエピペンを処方され、そのうち3人が校内で使用したという。

続きはソースで

ソース: 茨城新聞 http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13993010661286

引用元: 【茨城】食物アレルギー事故防げ 教職員向けに手引を作成 - 県教委 [5/6]

「【茨城】食物アレルギー事故防げ 教職員向けに手引を作成 - 県教委 [5/6]」についての続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/04/21(月) 23:59:17.24 ID:???.net
 ごく小さな高分子化合物(ポリマー)に特殊なバーコードをしこみ、紙幣やクレジットカードに印刷することで、本物か偽物かの判定や偽造防止に役立てる技術を米マサチューセッツ工科大学などのチームが開発した。英科学誌ネイチャーマテリアルズ電子版に発表した。

 同大のパトリック・ドイル教授らは、長さ0・1ミリほどのポリマーに、レアアースでできた特殊な結晶でバーコードを「刻印」。この結晶は近赤外線レーザーをあてるとさまざまな色に光り、色の組み合わせが識別情報になる。

 色はスマートフォンなどのカメラで簡単に読み取れるという。紙幣やカードのほか、薬のカプセルの包装などに使うことで取り違いの防止にも役立つという。(嘉幡久敬)

2014年04月21日17時11分
http://www.asahi.com/sp/articles/ASG4C7CZFG4CULBJ010.html

NATURE MATERIALS
Universal process-inert encoding architecture for polymer microparticles
http://www.nature.com/nmat/journal/vaop/ncurrent/full/nmat3938.html
~~引用ここまで~~

引用元: 【材料】ポリマーに特殊なバーコードをしこんで紙幣やクレジットカードに印刷し偽造防止する技術を開発、MITなと

ポリマーに特殊なバーコードをしこんで紙幣やクレジットカードに印刷し偽造防止する技術を開発、MITなとの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: トト◆53THiZ2UOpr5 2014/04/09(水)09:56:43 ID:RFgtvalIP
細胞老化防止などに期待 - 関西学院大、テロメアの長さを保つ仕組みを解明
[2014/04/08]

関西学院大学は4月8日、染色体の末端配列テロメアの長さを一定に保つ新たな仕組みを解明したと発表した。

同成果は、同大理工学部の田中克典 教授および米国イリノイ大学シカゴ校医学部の中村通 教授らによるもの。

染色体末端テロメアは細胞の寿命やがん化と深く関係していることが知られており、研究グループでは、今回発見された新たな仕組みを標的とすることで、新たな抗がん剤の開発や細胞の老化を防ぐ研究へ繋がることが期待できるとコメントしている。

※ソースはマイナビニュースです。お確かめ下さい。
http://news.mynavi.jp/news/2014/04/08/125/

細胞老化防止などに期待 - 関西学院大、テロメアの長さを保つ仕組みを解明の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ぱぐたZ~時獄篇◆fEbKMTmIyQ 2014/03/25(火)01:28:10 ID:Qwg7xdWE6
地球温暖化の防止に効果があるバイオ燃料を活用する動きが進むなか、植物の藻を原料にしたバイオ燃料を作る国内最大級の施設が茨城県つくば市に完成しました。

バイオ燃料を巡っては、大豆やサトウキビを原料にした場合、食料価格の高騰を招くおそれがあることから、食用でない藻を活用する研究が世界各国で進められています。
完成したのは、筑波大学の研究グループが藻の培養からバイオ燃料の生産までの実証実験を行うための国内最大級の施設です。

研究グループでは、実用化を目指して施設の中にある2800平方メートルの農地で藻を大量に培養し、年間およそ1.4トンのバイオ燃料を生産することにしています。
24日は施設の完成に合わせて、藻から作ったバイオ燃料を軽油と混ぜてディーゼル車を走らせる実験の様子も公開され、およそ10分間筑波大学の構内や周辺の公道を走行しました。
筑波大学の研究グループの渡邉信教授は「藻のバイオ燃料の実用化に向けた一歩を踏み出すことができた。世界に遅れをとらないよう研究を進めていきたい」と話していました。

ソース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140324/k10013191061000.html

藻で燃料 最大級の施設完成 !!筑波大の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ