理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

隕石

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
恐竜、「硫酸の雨」で絶滅…隕石の衝突で発生
(引用元:2014年3月10日12時03分  読売新聞)


0: 理系ニュース∞0000/0/0(水) 00:00:00.00 ID:rikeinews
 
今まで恐竜の絶滅は、隕石だとか火山活動だとか様々な仮説があったけど、隕石の衝突が起因する硫酸の雨が原因だったとは。

その前に硫酸の雨とか想像も出来ないくらい怖いんですけど((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

酸性雨ならまだしも、硫酸の雨って毛髪を気にして頭を庇ってるどころの問題じゃないよね・・・

大昔の出来事を調べるのは大変だけど、恐竜絶滅の原因がいつか解明されればいいですな。









 
【恐竜、「硫酸の雨」で絶滅…隕石の衝突で発生】についての続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: スリーパーホールド(宮城県) 2014/03/02(日) 12:53:53.71 ID:U7YjN9h/0 BE:360776922-PLT(22236) ポイント特典
(CNN)米東岸に位置するオハイオ、メリーランド、サウスカロライナなど少なくとも10州で2月27日午後7時過ぎに、非常に明るい流星が目撃された。
米国流星学会(AMS)のウェブサイトにはバージニア州バージニアビーチから次のような目撃談が寄せられた。

「しっぽのような形をした巨大な黄色い光が町の真上を猛スピードで流れるのが見えた。流れていく角度から、町に落下するのではないかと思った」
光の色については、短文投稿サイト「ツイッター」上で白、青、緑などさまざまな意見が見られた。
流星学会のサイトに投稿したメリーランド州シルバースプリングの住民は「燃えている飛行機が近くを飛んでいるように見えた」と述べている。

無論、これは飛行機ではない。この光の正体は、流星学会が「火球」に分類する非常に明るい流星と見て間違いないだろう。
火球は、宇宙から落下してきた石、金属、氷が大気圏で燃え尽きる時、金星よりも明るい光を放つ現象だ。

流星学会には28日朝までに少なくとも155件の目撃談が寄せられた。同学会によると、毎日「数千個」の火球に分類される流星が大気圏に突入するが、その大半は海や居住者のいない地域の上空で燃え尽きるため、目撃されることはないという。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35044649.html?google_editors_picks=true

【画像】
イメージ
http://nihon-wo-shirou.up.n.seesaa.net/nihon-wo-shirou/image/cal-meteor-fireball.jpg

アメリカで火球観測 街に落ちるかと思ったの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2014/02/26(水) 18:01:53.18 ID:???0
 [ケープカナベラル(米フロリダ州) 25日 ロイター] -昨年9月に月面に隕石が衝突し、地球からこれまでで最も明るい閃光が観測されたと、スペインの天文学者が発表した。

 月には大気がほとんどないため、隕石の衝突は頻繁に起こり、その痕跡として月面にはクレーターが広がっている。
衝突は地球上から記録されることもある。

 今回の衝突は昨年9月11日、月面の隕石衝突を自動観測していたスペインの望遠鏡がとらえたもので、これまでの観測で最も明るい閃光だったという。

 月面への隕石衝突による閃光は通常一瞬で消えるが、ウェルバ大学のホセ・マディエド氏が撮影した動画によると、今回は北極星ほどの明るさで、残光も8秒間続いた。

 隕石の大きさは直径0.6─1.4メートルで、重さは400キロと推定される。時速は6万1000キロ以上で、衝突によって40メートルほどのクレーターができたとみられる。

6

ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/8574677/

月面に隕石衝突、観測史上最大の閃光を確認の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2014/01/10(金) 21:01:52.73 ID:???0
 南極大陸で約30年前に見つかった隕石(いんせき)が新タイプと分かったと、国立極地研究所の木村真客員教授(茨城大教授)や今栄直也助教らが10日発表した。

 太陽系が約45億6000万年前に誕生し、ちりから小惑星ができる過程を詳しく探るのに役立つと期待される。論文は国際隕石学会誌に掲載される。

 今栄助教は「これまで地球にあまり隕石が飛来しなかったタイプの小惑星から来た可能性がある」と話している。

10

(2014/01/10-20:48)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014011000934

南極大陸で約30年前に見つかった隕石、新タイプと判明…「地球にあまり飛来しなかったタイプの小惑星から来た可能性」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: パロスペシャル(芋) 2013/12/30(月) 08:55:29.75 ID:PMYXt1qJ0 BE:43038263-PLT(12000) ポイント特典
【中国】地球と同じ年齢とされる隕石が25日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市内の隕石専門店の店頭に並べられた。
価格は8000万人民元(約13億7940万円)と高額。2009年4月12日に昌吉回族自治州奇台県に落下したところを住民が目撃し、地中から掘り出した。

 隕石は長さ15センチ、幅8センチで拳(こぶし)ほどの大きさ。重さは434グラムだ。鑑定した専門家によれば、落下しているところを目撃された隕石であることが高値のついた理由。

地球と同じ46億年以上前に形成されたとの鑑定結果が出ている。保存状態は完璧で、こうした隕石は国内外でも稀。計り知れない科学研究価値、経済価値、文化価値を備えているという。

http://www.newsclip.be/article/2013/12/29/20266.html
images

【ウソ?ホント?】“拳”ほどの隕石のお値段13.7億円、年齢は地球と同じ46億歳の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ