理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

電極

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
~~引用ここから~~

1: 2014/07/15(火) 00:12:55.39 ID:???0.net
次世代電池:充電容量7倍…リチウムイオン比 原理を開発
毎日新聞 2014年07月14日 23時02分
http://mainichi.jp/select/news/20140715k0000m040134000c.html

 携帯電話などに広く使われるリチウムイオン電池と比べ約7倍のエネルギーをためることができる次世代型の充電式電池の原理を開発したと、東京大工学系研究科の水野哲孝教授(応用化学)らの研究チームが14日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。
実用化できれば、電気自動車の航続距離を飛躍的に伸ばすことが期待される。

 リチウムイオン電池は、プラス側の電極に主にコバルト酸リチウムが使われているが、希少な重金属のコバルトを使うため高価で重いのが課題とされる。

続きはソースで

【千葉紀和】
~~引用ここまで~~


引用元: 【次世代電池】充電容量7倍リチウムイオン電池と比べ 東工大教授らが原理を開発

従来のリチウムイオン電池より充電容量が7倍の電池の原理を開発の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: レインメーカー(芋) 2014/02/01(土) 20:15:04.46 ID:x/mV0+8NP BE:86076094-PLT(12000) ポイント特典
 
【閲覧注意】
http://m.ruvr.ru/data/2014/02/01/1312114971/4highres_00000401443893.jpg


米国の研究者らは昨年、ロボ・ローチというプログラムを開発した。ゴキブリをサイボーグと化し、スマートフォンで遠隔操作できるようにする、というものだ。そのために、ゴキブリの背中にマイクロチップを取り付け、ヒゲにマイクロ電極を埋め込む。

日本の大阪大および東京農工大の研究者らは、ゴキブリの背中に取り付けた燃料エレメントによって充電する独創的な装置を開発した。

発電量は50マイクロワット。同じような方法でゴキブリ以外の昆虫(羽を生やした)も操作できる。長時間にわたり、到達困難地の情報収集などのミッションを遂行させられる。

images

http://japanese.ruvr.ru/2014_02_01/128142281/

日本人研究者、ゴキブリサイボーグを発電所に変える ゴキブリ永久機関が可能にの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ