理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

頭髪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 00:41:28.07 ID:???0.net
薄毛父持つ毛髪フサフサ息子 DNA鑑定希望に母が絶対禁止命令
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140608-00000016-pseven-life

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。
今回は寄せられたのは、広告代理店勤務のご主人(45歳)。
奥様(48歳)との間には大学生と高校生の息子さんがいます。

 * * *
 40歳を過ぎてから年々、髪の毛が薄くなってきました。
心配で、シャンプーは毛が抜けないようにゆっくり丁寧にしますし、タオルで乾かす時も優しく拭くようになりました。
今年のゴールデンウィークは北海道に旅行。目的地は増毛(ましけ)町の増毛厳島神社です。
「カミさんが一緒なら、髪へのご利益も倍増するでしょ」と女房も同行しました。よくできた女房です。

 ところが最近、ちょっと不信感が……。
長男は僕に似ていて「ヤバイ! 遺伝的には僕、将来はお父さんみたいにハゲちゃうかも」。
心配して、それまでかけていたパーマもやめて必死に毛髪ケアです。

続きはソースで

※週刊ポスト2014年6月13日号
~~引用ここまで~~


引用元: 【国内】薄毛の父を持つ毛髪フサフサ息子 DNA鑑定希望に母「絶対鑑定させません!」と拒否

薄毛の父とフサフサ息子 母親がDNA鑑定を拒否の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
~~引用ここから~~

1: BaaaaaaaaQ ◆BaaaaaaaaQ @Baaaaaaaaφ ★@\(^o^)/ 2014/05/09(金) 14:36:28.91 ID:???0.net
とかく頭髪の薄い人に対する世間の風当たりは強く、「ハゲ=あまりいいものではない」のイメージがなんとなく広まっていることは異論なきことと思います。しかしそれもあくまで現代社会が作り出した概念であり、見方を変えれば実はハゲている方が素晴らしいかもしれないのです。
教えて!gooでそのあたりの議論が行われていたのでご紹介しましょう。家系的に濃厚なハゲの遺伝子を宿す筆者としてもこれは他人事ではありません。
現役薄毛の方やハゲ予備軍の方もどうぞ血眼になってお読みください。

「禿げていることの有利な点は何ですか」

■頭に血が上っても冷めやすい?

「空気抵抗(水中の場合は水抵抗)が減ります。たとえば水泳選手の場合少しでも水抵抗を減らしタイムを縮めるため体中の毛をそることもあるそうです」
(damushiさん)

「怪我をしやすいが、その反面治療しやすいと思われるところ。ただ傷が目に付きやすいところにあると隠せないのが難点でしょう」(xfilesさん)

「CPUの放熱が一番の問題ですが、その点で常に頭を冷却していますので、頭脳明晰なひとが多い。頭に血が上ってもさめやすいので、和が保てます」
(chico-isさん)

自分がハゲと思って読むと、これらの回答はあまり慰めにならないどころか面白がられているような気さえしてきます。が、気のせいです。被害妄想で色々気に病むとハゲが加速してしまいます。

続きはソースで

http://news.ameba.jp/20140508-553/

引用元: 【話題】"禿げにメリットはあるのか" 「空気抵抗が減るので、頭に血が上っても冷めやすい」

"禿げにメリットはあるのか" 「空気抵抗が減るので、頭に血が上っても冷めやすい」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ぱぐだZ~終わりなきレコンキスタ? 2014/03/08(土)01:06:27 ID:k6bdACZ8a
★ひげが濃い人はハゲやすいのは本当? 男性ホルモン×毛根のやっかいな関係
2014年03月07日 18時00分 提供:マイナビスチューデント

「ひげはフサフサ」なのに「頭はツルツル」、そんな人があなたの周りにいませんか?
「フサフサ」と「ツルツル」という全く逆の現象が同時に起きているのは何とも不思議な話。
そこで元理系ライターが、この現象の謎について調べてみました。

髪は抜け、ひげは生える「ハゲとひげのパラドックス」
どこに生えている毛であろうとも、毛は「毛根」から生えています。人間の身体にある毛根には、男性ホルモンの影響を受ける毛根、女性ホルモンの影響を受ける毛根、性ホルモンの影響を受けにくい毛根があります。おでこから頭のてっぺん、ひげ、胸毛の発毛は、男性ホルモンが強く関係していると言われる場所です。
そもそも男性ホルモンとは、男性らしい外見や特徴を作り出すために必要なホルモンで、骨や筋肉を大きくするといった身体の特徴だけでなく、闘争心や冒険心といった心理的な面にも影響しています。

この男性ホルモンは男性のひげを生やす一方で、その増加が薄毛に影響していることは、50?60年も前の研究で明らかになっていました。しかし髪の毛は抜け、ひげは生えるという全く逆の作用を示すこの「ハゲとひげのパラドックス」のメカニズムは、研究者の中でも長い間わかっていませんでした。ところが、ここ10年の間の研究でその謎が明らかになっていたのです。

パラドックス解明のカギは、毛根から出る信号の違いだった!
男性ホルモンの中でも、毛の成長に強く影響しているのが「ジヒドロテストステロン」です。このジヒドロテストステロンは毛根で作られると、毛の成長を調節するタンパク質を分泌します。しかし、ここでのポイントは、分泌されるタンパク質の種類が場所によって全く違うこと。あごや胸の毛根では、「毛を生やせ!」という信号を送るIGF-1というタンパク質が作られ、頭皮の毛根では、「毛を生やすな!」という信号を送るTGF-β1というタンパク質が作られることがわかってきました。(以下略)

http://news.ameba.jp/20140307-555/

ひげが濃い人はハゲやすい? 男性ホルモン×毛根の関係の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ