理系にゅーす

このブログは宇宙、生物、科学、医学、技術など理系に特化したブログです! 理系に関する情報をネット上からまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

麻薬

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 伊勢うどんφ ★ 2014/01/06(月) 22:43:32.95 ID:???
「脱法ハーブ」と呼ばれ、流通している脱法ドラッグの主要成分には強い毒性があることを、国立精神・神経医療研究センターの研究チームが明らかにした。マウスの実験で確認した。
同様の毒性は人にもあると考えられ、呼吸困難やけいれん、意識障害を引き起こすリスクがある。
長期の使用で薬物依存になる危険性もあるという。米専門誌電子版で発表された。

 研究チームは、脱法ハーブで確認された合成カンナビノイド系の化合物のうち、8種類の成分をマウスの脳神経細胞に与えた。
すると、細胞数が減ったり、神経線維が切れたりするなど、細胞に対する強い毒性が確認された。

 さらに、一部の脱法ハーブには、覚醒剤と似た作用を示し、麻薬や指定薬物として規制されている
「カチノン系薬物」が混ざっていることが確認された。
この薬物は、脳内のドーパミン神経を制御することで中枢神経を興奮させたり、陶酔感を出したりすると考えられ、薬物依存になる危険性がきわめて高い。

 厚生労働省は合成カンナビノイド系やカチノン系の薬物を規制対象としている。
同センター依存性薬物研究室の舩田(ふなだ)正彦室長は「脱法ハーブに覚醒剤などと同様の神経細胞への強い毒性があることが確認された。
未知の有害作用の危険についての認識も必要だ」と話している。(今直也)

6

朝日新聞社 2014年1月6日
http://apital.asahi.com/article/news/2014010600026.html

Toxicology and Applied Pharmacology
Cytotoxicity of synthetic cannabinoids on primary neuronal cells of the forebrain:
the involvement of cannabinoid CB1 receptors and apoptotic cell death
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0041008X13004766

【薬学】脱法ハーブの主要成分、脳神経細胞のアポトーシス誘導するなど強い毒性を示すことが明らかにの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2014/01/05(日) 21:18:10.14 ID:???
マリファナの効果を低下させるホルモン「プレグネノロン」発見
3.01.2014, 16:14


マリファナの使用に反応して脳で作られるプレグネノロンは、部分的に麻薬の効果を低下させるという。
雑誌サイエンスに掲載された記事の中で述べられている。

スランスのボルドーにある国立保健医療研究所の研究者たちは、マウスとラットを使って、脳で作られるステロイドホルモンに対する主な薬物の作用について研究した。
研究者たちは、薬物の作用により、マウスとラットのプレグネノロンの産生能力が2時間で最大3000パーセント高まることを発見した。
これまでプレグネノロンは、主にテストステロンなどの他のホルモンをつくるための「原料」になっていると考えられていたが、マリファナを使用した際には、マリファナの効果を低下させることが明らかとなった。
特に、喜びの感情を引き起こすドーパミンの産生が著しく減少するという。
 
マウスやラットにホルモンを注入したところ、薬物の効果が減少した。
記憶の機能が回復し、眠気が消え、再び麻薬を使用したくなる感情が低下したという。

7

▽記事引用元 The Voice of Russia ロシアの声
http://japanese.ruvr.ru/2014_01_03/marifana/

▽関連リンク
・INSERM:フランス国立保健医学研究所 (フランス語)
Une molecule pour se desintoxiquer du cannabis
http://www.inserm.fr/actualites/rubriques/actualites-recherche/une-molecule-pour-se-desintoxiquer-du-cannabis
・Science 3 January 2014:
Vol. 343 no. 6166 pp. 94-98
DOI: 10.1126/science.1243985
Pregnenolone Can Protect the Brain from Cannabis Intoxication
http://www.sciencemag.org/content/343/6166/94.abstract

【薬理】マリファナの効果を低下させるホルモン発見/仏・国立保健医療研究所の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ